キャロル(CAROL)の重量税・取得税・軽自動車税 | 車の税金|車の税金表と税金の種類を知っておこう






キャロル(CAROL)の重量税・取得税・軽自動車税

キャロル(CAROL)のエコカー減税による減税額と納付額(重量税・取得税・軽自動車税)

マツダの軽自動車「キャロル(CAROL)」の平成29年度税制改正による新エコカー減税(自動車重量税・自動車取得税)やグリーン化特例(軽自動車税)による減税額と実際の納付額を表にしてご紹介しています。

マツダの軽自動車「キャロル(CAROL)」は、とにかく燃費性能が良いので、エコカー減税により自動車重量税が免税、自動車取得税も非課税に加えて平成27年度税制改正により新規登録翌年度の軽自動車税がグリーン化特例で50%減税のモデル「GL」「GS」がラインナップしています。

【更新:2017/4/10】平成29年度税制改正による新エコカー減税(自動車重量税・自動車取得税)やグリーン化特例(軽自動車税)に更新しました。

キャロルでは「GF」というグレードのみ2WDの5MT車となっており、このグレード以外はエコカー減税により自動車重量税が免税、自動車取得税も非課税となっています。

※マツダの軽自動車「キャロル(CAROL)」は、スズキの軽自動車「アルト」のOEM車でもあり、中身は同じ兄弟車です。

とのかく今のスズキのアルトは軽移動車NO.1ともいわれるくらいに燃費が良いのですが、兄弟車であるマツダのキャロルも同じく燃費は良いですよ!

最短30秒で入力完了!《ズバット車買取比較》最大10社無料一括査定

車売るなら自動車税分を買取価格に含むガリバー等の買取店へ


キャロル(CAROL)の重量税・取得税・軽自動車税

エコカー減税【自動車重量税:免税】【自動車取得税:非課税】+グリーン化特例【軽自動車税:概ね50%減税】

対象グレード メーカー
希望小売価格
(消費税抜き)
自動車重量税 自動車取得税 軽自動車税
グレード名/駆動 減税額 納付 減税額 納付 減税額 納付額
GL
(FF)CVT
915,840円
(848,000円)
7,500円 免税 約15,200円 非課税 約5,400
約5,400
エコカー減税合計 約 22,700 円
GS
(FF)CVT
1,013,040円
(938,000円)
7,500円 免税 約16,900円 非課税 約5,400
約5,400
エコカー減税合計 約 24,400 円
GX
(FF)CVT
1,123,200円
(1,040,000円)
7,500円 免税 約18,700円 非課税 約5,400
約5,400
エコカー減税合計 約 26,200 円

自動車重量税の免税対象車の内、平成32年度燃費基準+40%を達成している車両は適用期間中の最初の継続検査時にも適用されます。 ※GL/GS/GXの2WD(FF)車は平成32年度燃費基準+50%達成車


エコカー減税【自動車重量税:免税】【自動車取得税:非課税】+グリーン化特例【軽自動車税:概ね50%減税】

対象グレード メーカー
希望小売価格
(消費税抜き)
自動車重量税 自動車取得税 軽自動車税
グレード名/駆動 減税額 納付 減税額 納付 減税額 納付額
GL
(4WD)CVT
1,021,680円
(946,000円)
7,500円 免税 約17,000円 非課税 約5,400
約5,400
エコカー減税合計 約 24,500 円
GS
(4WD)CVT
1,113,480円
(1,031,000円)
7,500円 免税 約18,600円 非課税 約5,400
約5,400
エコカー減税合計 約 26,100 円

※GL/GSの4WD車は平成32年度燃費基準+30%達成車


エコカー減税【自動車重量税:50%減税】【自動車取得税:40%減税】+グリーン化特例【軽自動車税:概ね25%減税】

対象グレード メーカー
希望小売価格
(消費税抜き)
自動車重量税 自動車取得税 軽自動車税
グレード名/駆動 減税額 納付額 減税額 納付額 減税額 納付額
GF
(FF)5MT
847,800円
(785,000円)
3,800
3,700
約5,600
約8,500
約2,700
約8,100
エコカー減税合計 約 17,000 円

※GFは平成32年度燃費基準+10%達成車


マツダの軽自動車「キャロル(CAROL)」の平成29年度税制改正による新エコカー減税(自動車重量税・自動車取得税)やグリーン化特例(軽自動車税)による減税額と実際の納付税額を表にしてご紹介しています。

車売るなら自動車税分を買取価格に含むガリバー等の買取店へ

マツダの車を売るなら「ズバット車買取比較」で一括査定で高く売ろう!

車を売るなら下取りより買取り!

マツダの車を売るなら納得の査定価格で売りましょう!

車を売るなら一括査定がおススメ!

『下取り』よりも『買取り』のほうが、平均で16万円も高く売れた!と評判の利用者の7割が5万円以上の査定額差を体験した車買取一括査定を、ぜひご利用ください。

ズバット車買取比較

新車ではなく高年式の中古車を探すという選択!

車探しの専門家が、ご予算や条件に合わせたあなたにピッタリの車をご提案【ズバット車販売】

キャロル

【更新:2017/4/10】平成29年度税制改正による新エコカー減税(自動車重量税・自動車取得税)やグリーン化特例(自動車税)に更新しました。

マツダの軽自動車「キャロル(CAROL)」は、とにかく燃費性能が良いので、エコカー減税により自動車重量税が免税、自動車取得税も非課税に加えて新規検査翌年度の軽自動車税がグリーン化特例で50%減税のモデル「GL」「GS」「GX」がラインナップしています。

キャロルでは「GF」というグレードのみ2WDの5MT車となっており、このグレード以外はエコカー減税により自動車重量税が免税、自動車取得税も非課税となっています。

■GL/GS/GX(2WD/CVT)平成17年基準排出ガス75%低減レベル+平成32年度燃費基準+50%達成
■GL/GS(4WD/CVT)平成17年基準排出ガス75%低減レベル+平成32年度燃費基準+30%達成
■GF(2WD/5MT)平成17年基準排出ガス75%低減レベル+平成32年度燃費基準+10%達成

※マツダの軽自動車「キャロル(CAROL)」は、スズキの軽自動車「アルト」のOEM車でもあり、中身は同じ兄弟車です。

とのかく今のスズキのアルトは軽移動車NO.1ともいわれるくらいに燃費が良いのですが、兄弟車であるマツダのキャロルも同じく燃費は良いですよ!

街中で見てもアルトとキャロルの見分けはパッと見では難しいですが、近くにマツダのお店があるなら、スズキのアルトではなく、マツダのキャロルを購入するのも良いですね。

スズキのアルトは歴史ある軽自動車ですが、じつはマツダのキャロルもアルトのOEM車として販売される前からあるモデル名で、キャロルという車名には歴史があるんですよ。

キャロルという名前を聞くと、かつては多くの独自に軽自動車を製造・販売していた頃が思いだされますね。

マツダというとあまり軽自動車という印象はありませんが、軽自動車にも歴史がありますし、現在はスズキとの提携により他にもマツダ・フレア(スズキ・ワゴンR)、マツダ・フレアワゴン(スズキ・スペーシア)、マツダ・フレアクロスオーバー(スズキ・ハスラー)というように、魅力的な軽自動車を多く発売していますよ。

出典:マツダ(http://www.mazda.co.jp/)

※メーカー希望小売価格等の情報は公式サイトの情報をから引用していますが、価格変更などの更新が間に合わない場合がありますので、正確なメーカー希望小売価格といった情報は必ずメーカー公式サイト・販売店等でご確認をお願い致します。

※また、実際の支払額などは減税額から独自に計算しているため「約○○○円」としていますが、正確な減税額や実際の税額はメーカーの販売店にておたずねください。

【自動車重量税:免税】【自動車取得税:非課税】【軽自動車税:概ね50%減税】

【適用要件の基準】「平成17年排ガス規制75%低減(☆☆☆☆)」
「平成32年度燃費基準+30%超過」「平成32年度燃費基準+40%超過」

低排出ガス車平成17年排ガス 規制75%低減 平成32年度燃費基準+30%達成車 平成32年度燃費基準+40%達成車

自動車重量税の免税対象車の内、平成32年度燃費基準+40%を達成している車両は適用期間中の最初の継続検査時にも適用されます。 ※GL/GS/GXの2WD車は平成32年度燃費基準+50%達成車

【自動車重量税:免税】【自動車取得税:非課税】【軽自動車税:概ね50%減税】

【適用要件の基準】「平成17年排ガス規制75%低減(☆☆☆☆)」「平成32年度燃費基準+30%超過」

低排出ガス車平成17年排ガス 規制75%低減 平成32年度燃費基準+30%達成車

【自動車重量税:50%減税】【自動車取得税:40%減税】【自動車税:25%減税】

【適用要件】「平成17年排ガス規制75%低減(☆☆☆☆)」「H32年度燃費基準+10%超過」

低排出ガス車平成17年排ガス 規制75%低減 平成32年度燃費基準達成車+10%

減税率は車重や燃費・環境性能で変わる為、減税対象車でもグレードやメーカーオプション等の装着により減税額が異なったり、場合によっては対象外となる事があります。

マツダの新車の購入・新規登録時の「環境対応車普及促進税制(エコカー減税)」と「グリーン税制(グリーン化特例)」による減税対象車をご紹介しています。

■自動車取得税の減税は、2017年4月1日~2018年3月31日新車登録・届出まで減税措置が受けられます。

■自動車重量税の減税は、2017年5月1日~2018年4月30日新車登録・届出まで減税措置が受けられます。

 自動車重量税の免税対象車は平成32年度燃費基準+40%を達成車の場合、最初の継続検査時にも自動車重量税の免税が適用されます。

 平成29年度税制改正による新エコカー減税では自動車取得税は4月1日からですが、掲載している自動車重量税の減税額と実際の税額は5月1日からの適用となります。

■軽自動車税の減税は、平成29・30年度中に新車新規検査した場合、それぞれ当該年度の翌年度分の軽自動車税を軽減措置を受けることが出来ます。

【車検時の自動車重量税について】
新規登録後の初回継続検査(2回目車検)以降の車検を受ける時点において適用されているエコカー減税の要件を満たしていれる自動車の重量税は「本則税率」となります。
※要件を満たしていない場合は、 自動車重量税の税額表の「エコカー以外」欄の税額となります。

【注意】
■平成26年4月1日から平成29年4月30日までの間に新車新規登録等時に免税を受けた自動車については、初回継続検査時に納付すべき税額が「免税」となります。
■平成29年5月1日から平成31年4月30日までの間に新車新規登録等時に免税を受けた自動車については、初回継続検査時に納付すべき税額が「免税」の場合と、燃費基準によって「本則税率」の場合があります。


出典:国土交通省ホームページ:
(http://www.mlit.go.jp/common/000208143.pdf)の燃費基準達成車ステッカー画像を加工
(http://www.mlit.go.jp/jidosha/lowgas/youryou/lowgas2.htm)の低排出ガス車認定ステッカー画像を加工

Pocket


車売るなら自動車税分を買取価格に含むガリバー等の買取店へ

「ズバット車買取比較」《車買取》最大10社無料一括査定

車を売るなら一括査定がおススメ!

『下取り』よりも『買取り』のほうが、平均で16万円も高く売れた!と評判の利用者の7割が5万円以上の査定額差を体験した車買取一括査定を、ぜひご利用ください。