NV150 ADの重量税・取得税・自動車税 | 車の税金|車の税金表と税金の種類を知っておこう






NV150 ADの重量税・取得税・自動車税

NV150 ADのエコカー減税、グリーン化特例による減税額と納付額(重量税・取得税・自動車税)

日産自動車の「NV150 AD」平成29年度税制改正による新エコカー減税(自動車重量税・自動車取得税)やグリーン化特例(自動車税)による減税額と実際の納付額を表にしてご紹介しています。

またエコカー減税適用なしの1.6L/1.8Lエンジン搭載車の重量税・取得税・自動車税についてもご紹介しています。

【更新:2017/4/18】平成29年度税制改正による新エコカー減税(自動車重量税・自動車取得税)やグリーン化特例(自動車税)に更新しました。

【更新:2016/12/1】マイナーチェンジしAD/ADエキスパートから車名を一新し11月30日発表、12月26日より全国発売の「NV150 AD」へ更新しました。

人気の小型貨物車「AD/ADエキスパート(AD/AD EXPERT)」が10年ぶりにマイナーチェンジして新世代商用バンのNVシリーズとして車名をに一新し「NV150 AD」となりました。

日産自動車の「NV150 AD」のエコカー減税対象車は、「HR15DEエンジン搭載車(2WD)」のみですが、平成29年度税制改正による新エコカー減税でも自動車重量税は免税で最初の車検時の自動車重量税も免税になりますし、自動車取得税は非課税となります。

しかし、残念ながらグリーン化特例(自動車税)は対象外となりました。

「NV150 AD」は、エコカー減税(重量税・取得税)による減免の区分は「軽量車(車両総重量2.5t以下のバス・トラック)」となります。

また、自動車税での車種の区分は、貨客兼用車「トラック(最大乗車定員4人以上)」となります。

エコカー減税適用なしの「HR16DEエンジン搭載車(4WD)」の重量税・取得税・自動車税はこちらです。
※上記リンクから直接この項の下部にある表へ移動できます。


NV150 AD(自家用)の重量税・取得税・自動車税

エコカー減税【自動車重量税:免税】【自動車取得税:非課税】

対象グレード メーカー
希望小売価格
(消費税抜き)
自動車重量税 自動車取得税 自動車税
(登録翌年度)
グレード名/駆動 減税額 納付額 減税額 納付額 減税 納付額
NV150 AD DX
(2WD)CVT
1,553,040円
(1,438,000円)
10,000円 免税 約38,800円 非課税 約14,300
エコカー減税合計 約 48,800 円
NV150 AD VE
(2WD)CVT
1,591,920円
(1,474,000円)
10,000円 免税 約39,700円 非課税 約14,300
エコカー減税合計 約 49,700 円
NV150 AD
エキスパートLX
(2WD)CVT
1,640,520円
(1,519,000円)
10,000円 免税 約41,000円 非課税 約14,300
エコカー減税合計 約 51,000 円
NV150 AD
エキスパートGX
(2WD)CVT
1,711,800円
(1,585,000円)
10,000円 免税 約42,700円 非課税 約14,300
エコカー減税合計 約 52,700 円

自動車重量税の免税対象車の自動車重量税の免税は、適用期間中の最初の継続検査時にも適用されます。


日産自動車の小型貨物車「NV150 AD」「旧:AD/ADエキスパート(AD/AD EXPERT)」の平成29年度税制改正による新エコカー減税(自動車重量税・自動車取得税)やグリーン化特例(自動車税)による減税額と実際の納付額を上記で表にしてご紹介しています。

エコカー減税適用なしの1.6L/1.8Lエンジン搭載車の重量税・取得税・自動車税はこの項の下部に表でご紹介しています。

車売るなら自動車税分を買取価格に含むガリバー等の買取店へ

日産の車を売るなら「ズバット車買取比較」で一括査定で高く売ろう!

車を売るなら下取りより買取り!

日産自動車の車を売るなら納得の査定価格で売りましょう!

車を売るなら一括査定がおススメ!

『下取り』よりも『買取り』のほうが、平均で16万円も高く売れた!と評判の利用者の7割が5万円以上の査定額差を体験した車買取一括査定を、ぜひご利用ください。

ズバット車買取比較

新車ではなく高年式の中古車を探すという選択!

車探しの専門家が、ご予算や条件に合わせたあなたにピッタリの車をご提案【ズバット車販売】

【更新:2017/4/18】平成29年度税制改正による新エコカー減税(自動車重量税・自動車取得税)やグリーン化特例(自動車税)に更新しました。

日産自動車の「NV150 AD」のエコカー減税対象車は、「HR15DEエンジン搭載車(2WD)」のみですが、平成29年度税制改正による新エコカー減税でも自動車重量税は免税で最初の車検時の自動車重量税も免税になりますし、自動車取得税は非課税となります。

しかし、残念ながらグリーン化特例(自動車税)は対象外となりました。

【更新:2016/12/1】マイナーチェンジしAD/ADエキスパートから車名を一新し11月30日発表、12月26日より全国発売の「NV150 AD」へ更新しました。

人気の小型貨物車「AD/ADエキスパート(AD/AD EXPERT)」が10年ぶりにマイナーチェンジして新世代商用バンのNVシリーズとして車名をに一新し「NV150 AD」となりましたが車名だけではなくフロントデザインも刷新しました。

マイナーチェンジでは高い安全性も充実し、面先進安全装備である歩行者検知可能な「エマージェンシーブレーキ」、「LDW」(車線逸脱防止警報)、および「VDC」(ビークルダイナミクスコントロール)を主要グレードに標準装備ています。

なお、「NV150 AD」のエコカー減税(自動車重量税・自動車取得税)による減免の区分は「軽量車(車両総重量2.5t以下のバス・トラック)」となります。

「NV150 AD」の自動車税の区分は、貨客兼用車「トラック(最大乗車定員4人以上)」で以下のような分類と税額になっています。

■貨客兼用車「トラック(最大乗車定員4人以上)」
最大積載量量:1t以下、総排気量:1リットル超~1.5リットル以下(税額14,300円)

おなじ減税率なのになぜ自動車税の減税額が違うかというと上記の自動車税上の車種の区分による違いとなっています。

日産のAD/ADエキスパートというと乗用車バンタイプの商用車として長く親しまれてきたモデルで、実際に多くの会社や商店等で使われていますが、今後はマイナーチェンジした「NV150 AD」へと変わっていきますね。

街中でもAD/ADエキスパートは見かける事が多く、リアの「AD」というエンブレムをよく見かけますが、これも「NV150 AD」となりますね。

当サイトにもADの税金を調べる方の訪問は以外のにも多いようで、多くの会社や商店等で使われている事が伺えますね。

日産自動車の小型貨物車「NV150 AD」には、「1.5Lで2WD」の他に「1.6Lで4WD」はラインナップはそのままですが、「1.8Lで2WD」のモデルはラインアップから外れました。

なお、エコカー減税とグリーン化特例(自動車税)による減税の対象車は、「1.5Lで2WDのHR15DEエンジン搭載車」のみとなっています。

しかし、購入時の自動車重量税は免税で自動車取得税は非課税分で5万円前後ですし、最初の車検時の自動車重量税10,000円も免税になるというのは大きいですね。

出典:日産自動車(http://www.nissan.co.jp/)

※メーカー希望小売価格等の情報は公式サイトの情報をから引用していますが、価格変更などの更新が間に合わない場合がありますので、正確なメーカー希望小売価格といった情報は必ずメーカー公式サイト・販売店等でご確認をお願い致します。

※また、実際の支払額などは減税額から独自に計算しているため「約○○○円」としていますが、正確な減税額や実際の税額はメーカーの販売店にておたずねください。

減税率は車重や燃費・環境性能で変わる為、減税対象車でもグレードやメーカーオプション等の装着により減税額が異なったり、場合によっては対象外となる事があります。

【自動車重量税:免税】【自動車取得税:非課税】

【適用要件の基準】
「平成17年排ガス規制75%低減(☆☆☆☆)」「平成27年度燃費基準+25%超過」

低排出ガス車平成17年排ガス 規制75%低減 平成27年度燃費基準+25%達成車

日産自動車の新車の購入・新規登録時の「環境対応車普及促進税制(エコカー減税)」による減税対象車をご紹介しています。

■自動車取得税の減税は、平成29年4月1日~平成31年3月31日新車登録・届出まで減税措置が受けられます。

■自動車重量税の減税は、平成29年5月1日~平成31年4月30日新車登録・届出まで減税措置が受けられます。

【車検時の自動車重量税について】
新規登録後の初回継続検査(2回目車検)以降の車検を受ける時点において適用されているエコカー減税の要件を満たしていれる自動車の重量税は「本則税率」となります。
※要件を満たしていない場合は、 自動車重量税の税額表の「エコカー以外」欄の税額となります。

【注意】
■平成26年4月1日から平成29年4月30日までの間に新車新規登録等時に免税を受けた自動車については、初回継続検査時に納付すべき税額が「免税」となります。
■平成29年5月1日から平成31年4月30日までの間に新車新規登録等時に免税を受けた自動車については、初回継続検査時に納付すべき税額が「免税」の場合と、燃費基準によって「本則税率」の場合があります。


エコカー減税適用なしの1.6L/1.8Lエンジン搭載車(自家用)の重量税・取得税・自動車税

グレード名 駆動/
ミッション
メーカー希望小売価格
(消費税抜き)
自動車
重量税
自動車
取得税
自動車税
(登録翌年度)
NV150 AD DX (4WD)
E-ATx
1,782,000円
(1,650,000円)
13,200
約44,500
約16,000
NV150 AD VE (4WD)
E-ATx
1,815,480円
(1,681,000円)
13,200
約45,300
約16,000
NV150 AD エキスパート LX (4WD)
E-ATx
1,864,080円
(1,726,000円)
13,200
約46,500
約16,000
NV150 AD エキスパート GX (4WD)
E-ATx
1,935,360円
(1,792,000円)
13,200
約48,300
約16,000

出典:国土交通省ホームページ:
(http://www.mlit.go.jp/common/000208143.pdf)の燃費基準達成車ステッカー画像を加工
(http://www.mlit.go.jp/jidosha/lowgas/youryou/lowgas2.htm)の低排出ガス車認定ステッカー画像を加工

Pocket


車売るなら自動車税分を買取価格に含むガリバー等の買取店へ

「ズバット車買取比較」《車買取》最大10社無料一括査定

車を売るなら一括査定がおススメ!

『下取り』よりも『買取り』のほうが、平均で16万円も高く売れた!と評判の利用者の7割が5万円以上の査定額差を体験した車買取一括査定を、ぜひご利用ください。