三菱自動車のエコカー減税対象軽自動車一覧 | 車の税金|車の税金表と税金の種類を知っておこう






三菱自動車のエコカー減税対象軽自動車一覧

三菱自動車のエコカー減税対象軽自動車(軽乗用車/軽貨物車)一覧

マツダのエコカー減税対象の軽自動車、軽乗用車の「ekカスタム」「ekスペース(含むカスタム)」「ekワゴン」、軽貨物車の「ミニキャブバン」の「車種名(通称名)」毎の「型式指定番号」「車両形式」「類別区分番号」そして「JC08モード」での「燃費値」と「低燃費区分」を表にしてご紹介します。

※軽自動車の場合は「排気量」「車両重量」は省かれます。

なお、エコカー減税対象軽自動車(軽乗用車)の「通称名」毎の「重量税」「取得税」の特例措置税率(税額)は表にして別カテゴリー「車種別エコカー減税対象自動車の特例措置税率(税額)表」の三菱自動車の軽自動車の項でご紹介します。

arrow 三菱自動車の軽自動車のエコカー減税による特例措置(税率・税額)一覧表

【更新:2017/2/14】エコカー減税対象車に2月追加分のekカスタムの類別区分番号が「2005~2012」とekワゴンの類別区分番号が「2001~2010」を追加しました。

【三菱自動車のエコカー減税対象軽自動車(軽乗用車)一覧表】

通称名 型式
指定番号
車両型式 類別
区分番号
JC08モード 重量
税の
特例
措置

区分
燃費値 低燃費区分
H27年度
燃費基準
H32年度
燃費基準
ekカスタム 17551 DBA-B11W 0004~0005 29.2 +20%超過 +10%超過
0006 23.4 +10%超過
0009 26.0 +20%超過 +0%達成
0010 22.6 +5%超過
1003~1004 30.0 +20%超過 +20%超過
1505~1506 25.8 +20%超過 +0%達成
1507 23.6 +10%超過
1511 22.2 +5%超過
1512 21.8 +0%達成
2005~2006 25.8 +20%超過 +0%達成
2007 23.2 +10%超過
2011 22.0 +5%超過
2012 21.8 +0%達成
ekスペース 17702 DBA-B11A 0001~0003 26.0 +20%超過 +0%達成
0004 22.2 +5%超過
0005 25.4 +20%超過 +0%達成
0006~0007 24.6 +20%超過 +0%達成
0008 20.8 +0%達成
0101~0103 22.0 +5%超過
0104 22.0 +5%超過
0105 21.8 +0%達成
0106~0107 20.6 +0%達成
0109 22.0 +5%超過
0110 22.0 +5%超過
0111 20.6 +0%達成
0201~0203 22.0 +5%超過
0204~0205 22.2
0206 21.8 +0%達成
0207~
 0208
20.6
ekワゴン 15409 DBA-H82W 2101~2102 21.2 +0%達成
17551 DBA-B11W 0001 25.8 +20%超過 +0%達成
0002~0003 29.2 +20%超過 +10%超過
0007~0008 26.0 +20%超過 +0%達成
1001~1002 30.0 +20%超過 +20%超過
1501 23.6 +10%超過
1502~1503 25.8 +20%超過 +0%達成
1504 23.6 +10%超過
1508~1509 22.2 +5%超過
1510 21.8 +0%達成
2001 23.0 +5%超過
2002~2003 25.8 +20%超過 +0%達成
2004 23.2 +10%超過
2008~2009 22.0 +5%超過
2010 21.8 +0%達成

【更新:2016/7/9】三菱自動車の燃費値問題のあった軽自動車「ekシリーズ」の車両型式「DBA-B11W」のうち類別区分番号が「15~」から始まる車両、及び、 車両型式「DBA-B11A」のうち類別区分番号が「01~」から始まる車両については、平成28年6月21日届出により平成28年7月5日の更新にて燃費値に変更がありましたので、新燃費値に更新しました。

【重量税の特例措置の区分】

「◎」:新車新規登録等時及び初回継続検査等時の重量税は免除となり、2回目の継続検査等時の重量税は本則税率による税額となります。

「○」:新車新規登録等時の重量税は本則税率から軽減(75%、50%、25%軽減(1回限り))した税額となり、初回継続検査等時の重量税は本則税率による税額となります。

「●」:平成27年度税制改正による車体課税の見直しによりエコカー減税対象外になりましたが、経過措置により、新車新規登録等時の重量税は本則税率による税額となります。
※継続検査等時の重量税は当分の間税率による税額となります。

【三菱自動車のエコカー減税対象軽自動車(軽貨物車)一覧表】

通称名 型式
指定番号
車両形式 類別区分番号 JC08モード 重量税
の特例
措置
(区分)
燃費値 平成27年度
低燃費区分
ミニキャブバン 17714 HBD-DS64V 0007 15.4 +0%達成
0012
0607
0612
18018 HBD-DS17V 0004 19.0 +5%超過
0018 20.2 +25%超過
0019 19.4 +25%超過
0021
0604 17.4 +0%達成
0618 19.0 +20%超過
0619
0620

【重量税の特例措置の区分】

「◎」:新車新規登録等時及び初回継続検査等時の重量税は免除となり、2回目の継続検査等時の重量税は本則税率による税額となります。

「○」:新車新規登録等時の重量税は本則税率から軽減(75%、50%、25%軽減(1回限り))した税額となり、初回継続検査等時の重量税は本則税率による税額となります。

「●」:平成27年度税制改正による車体課税の見直しによりエコカー減税対象外になりましたが、経過措置により、新車新規登録等時の重量税は本則税率による税額となります。
※継続検査等時の重量税は当分の間税率による税額となります。

上記が国土交通省がホームページで公開している三菱自動車のエコカー減税対象軽自動車(軽乗用車/軽貨物車)一覧表のデータです。

トヨタ自動車のエコカー減税対象軽自動車(軽乗用車)を車種名(通称名)毎に「型式指定番号」「車両形式」「類別区分番号」そして「JC08モード」での「燃費値」と「低燃費区分」を表にしてご紹介していますが、掲載の車両以外でも、掲載が間に合わず等の理由で特例措置の対象となっている場合があります。

この項では車両のデータを紹介していますが、車種名(通称名)毎のエコカー減税での重量税や取得税の税率(税額)は、一度に紹介できないので、別に下記でご紹介しています。

三菱自動車の軽自動車のエコカー減税率・税額表

三菱自動車の軽自動車のエコカー減税による特例措置(税率・税額)一覧表 三菱自動車のエコカー減税対象の軽自動車の「車種名(通称名)」毎の「型式指定番号」「車両形式」「類別区分番号」そして「エコカー減税による特例措置」での「 […]


arrow 続きをみる

三菱自動車の軽乗用車はテレビコマーシャル等でも良く見かけますし街中でも良く見かけるなどeKシリーズの軽自動車に注目も集まっています。

三菱自動車の軽乗用車は以前から走りやエコを前面に押し出した人気車種も多く、現在の「ekカスタム」「ekスペース」「ekスペース カスタム)」「ekワゴン」も人気です。

特に最近はテレビCMでも良く見かけるので注目度もアップしているようです。

軽貨物車の「ミニキャブバン」は古くから親しまれてきたミニキャブシリーズで知られています。

※三菱自動車の「eKシリーズ」は日産自動車の「デイズシリーズ」の姉妹車です。

出典:国土交通省ホームページ(http://www.mlit.go.jp/jidosha/jidosha_fr1_000042.html)

Pocket


※減税対象自動車及び特例措置税率(税額)一覧をご覧になる際は、お手元に「自動車検査証」等をご準備していただきますと、エコカー減税等の対象自動車をスムーズに確認することができます。