ホンダのライフからトヨタのプリウスへ乗り換えました | 車の税金|車の税金表と税金の種類を知っておこう






ホンダのライフからトヨタのプリウスへ乗り換えました

ホンダのライフからトヨタのプリウスへ乗り換えました

ホンダのライフから普通車に乗り換えを検討し、維持費などが経済的なトヨタのプリウスへ乗り換えました。

エコカー減税で重量税や取得税はかかりませんでした。

さらに5月に払った自動車税も半額という事で、1年分で通常約4万円のところ約2万円で済みました。

とはいえ、これまでの軽自動車で毎年かかる税金は7200円程度でしたので、毎年来る税金だけで見るとやはり軽自動車は破格だと思います。

自動車を購入する時の税金に関しては購入の際に合算して支払うものなので、「税金を払った」という感覚はあまりありません。

しかし車両代金以外の本来かかるはずであった重量税や取得税などは登録費用などの諸経費としてあまり実感がなく、支払うべき物で削りようがない部分として支払っていた事を思えば、エコカー減税のおかげでトータルの支払い代金は大幅にダウンしていると思いました。


jinbutu19

燃費については、すでに5年落ちの軽自動車の燃費と新車で購入したプリウスとの燃費を比べると圧倒的にプリウスの方が燃費が良いです。

基本的に通勤などの町乗りの使用が多く、高速などはめったに乗りませんが、アップダウンの激しい裏道など明らかに燃費に悪影響そうな道を気にせずに走っても16km/Lを切る事はありません。

今までの軽自動車では、平均11km/L位でした。

両者を比較するともちろんプリウスの方が乗り心地も良くて高速など長距離お出かけの際も安定感があり快適です。

それでいてこの燃費とは本当に驚きでした。

ガソリン代も高騰していますし、少し遠出したりするにもガソリン代を気にせず気軽に出かけられます。

ハイブリッドカーのプリウスに一度乗ったら、もう普通車には乗れなくなりそうです。

※2015年6月に頂いたエコカー購入体験談です。

【コメント】

プリウスへの乗り換えおめでとうございます。

燃費の良い軽自動車からハイブリッドへの乗り換えでも燃費の良さが実感できるのは、さすがのプリウスですね。

体験談にあるように、自動車を購入する時は重量税や取得税、それに月割りの自動車税は掛かって当たり前、払って当たり前で、節約するなんて事はエコカー減税が登場するまでは殆ど意識されることってなかったですね。

それがエコカー減税の登場で燃費性能の良い車は減税や免除されるようになり、一躍ハイブリッド車の普及に拍車が掛かったように思います。

特にハイブリッドカーとして特に燃費の良さで注目を浴びたプリウスは、それだけでも人気でしたが、エコカー減税の登場でさらに注目を集めて、他のハイブリッドカーを牽引してきたモデルですね。

「アップダウンの激しい裏道など明らかに燃費に悪影響そうな道を気にせずに走って」とあるようにそういう道でも燃費が良いというのはさすがですね。

ガソリン価格は高騰している時期がよくありますが、そういう時は燃費の良さとレギュラーガソリンということからも助かる、それがプリウスということですね。

それと自動車税についてですが、これだけは軽自動車と比べるとどうしようもない部分で、軽自動車の最も優遇されている所ですからね。

それでもガソリン代での節約でそれ以上に節約できるプリウスですね。

【参考】プリウスのエコカー減税、グリーン化特例による減税額と納付額(重量税・取得税・自動車税)

プリウスの重量税・取得税・自動車税

プリウスのエコカー減税、グリーン化特例による減税額と納付額(重量税・取得税・自動車税) トヨタ自動車のハイブリッドカーの草分け的存在である「プリウス(PRIUS)」の平成27年度税制改正による新エコカー減税額(自動車重量税・自動車取得税)やグリーン化特例(軽自動車税)による減税額と実際の税額を表にしてご紹介しています。 […]

Pocket


車売るなら自動車税分を買取価格に含むガリバー等の買取店へ

車を探すなら「ズバット車販売」、車を売るなら「ズバット車買取比較」!

ズバット車買取比較

車を売るなら一括査定がおススメ!

『下取り』よりも『買取り』のほうが、平均で16万円も高く売れた!と評判の利用者の7割が5万円以上の査定額差を体験した車買取一括査定を、ぜひご利用ください。

高年式の中古車を探すという選択!

ズバット車販売なら非公開車両60万台以上から希望の車が見つかる!