プリウスαに乗り替えて良かったがいっぱいです、すごい!ハイブリッドカー | 車の税金|車の税金表と税金の種類を知っておこう






プリウスαに乗り替えて良かったがいっぱいです、すごい!ハイブリッドカー

プリウスαに乗り替えて良かったがいっぱいです、すごい!ハイブリッドカー

今から8年前ですが、子ども達も大きくなってきて友達の家族と出かけたりする機会も増えるだろうと思い、ワンボックスのアルファードを買いました。

その時は、あまり税金のこともガソリン代のことも考えず、半ば勢いでアルファードを購入してしまいましたが、いざ乗ってみたらガソリンはハイオクで高いし燃費も悪いし。

普段は近所をちょい乗りするぐらいなのですが、頻繁に給油もしなくてはいけませんし、アルファードを維持していくのがこんなにも大変だとは思いませんでした。

jinbutu8

5年ぐらいアルファードには乗ったのですが、車の後部座席のスライドドアの調子が悪くなってきて、修理をしなくてはいけなくなりました。

2回目の車検を通したばかりだしすごく悩みましたが、ドアの修理等の見積もりを出してもらったところ、ドアの修理等に30万円以上はかかるとわかりました。

これは修理してまた維持していくのが大変な車に乗るよりも、これを機にいっそのことエコカーに乗り替えてみようかなと思いました。

アルファードを購入した時と同じディーラーさんで買おうと思っていましたので、早速ハイブリッドカーのプリウスα(アルファー)の見積もりを頂きました。

エコカー減税での重量税と取得税の免税もあるし、幸いアルファードの下取りも思った以上に良かったので、プリウスα(アルファー)を購入することを決めました。

乗ってみて一番驚いたことは、ハイブリッドカーだから当たり前のことかもしれませんがすごく燃費がいいことです。

今までは5km/Lとか6km/Lぐらいしか走らなかったのに、今は平均しても21km/L近くで走っていますので、今まで負担に感じていたガソリン代も全然気にならなくなりました。


それにもう一つ大きな違いがあります。

これは自分の意識の問題でもありますが、今までは加速がとても良かったので当たり前のように急加速で、追い越し車線を走行する機会が多かったのですが、今は常にエコドライブモードにして、緩やかな加速と静かなモーターでの走りを楽しんでいます。

いかに燃費を良くできるかを、考えながら走行する事が今はすごく楽しみですし、そんな気持ちにさせてくれるエコカーであるハイブリッドカーのプリウスアルファーは本当にすごいと思います。

結果、急発進もなくなりますし、速度も抑えられて優しい気持ちで運転できるようになったと思います。

※2015年6月に頂いたエコカー購入体験談です。

【コメント】

アルファードからハイブリッドカーのプリウスαに乗り換えられたとの事ですが、燃費が「5km/Lとか6km/Lぐらいしか走らなかったのに、今は平均しても21km/L近く」というもの凄い違いですね。

それにハイブリッドカーのプリウスαならエコカー減税で購入時の重量税と取得税の免税&非課税も大きいですね。

しかしそれ以上に「急発進もなくなりますし、速度も抑えられて優しい気持ちで運転できるようになったと思います。」というのが一番のハイブリッドカー効果と思います。

乗り換えの決め手が「ドアの修理等に30万円以上はかかる」それに「修理してまた維持していくのが大変な車に乗るよりも」となったらやはり考えますよね。

じつはこのコメントを書かせていただいている私が7年乗ったミニクーパーからまたミニに乗り換えた時は車検の時のブレーキ周りの交換時期と重なり、交換費用が高くなる事が決め手でした。

下取りの車に値段がある程度付く間に乗り換えるのは賛成です。

ハイブリッドカーのプリウスαでの優しい気持ちでの運転をこれからも楽しんでくださいね。


【参考】プリウスαのエコカー減税及びグリーン化特例

エコカー減税【自動車重量税:免税】【自動車取得税:非課税】
グリーン化特例【自動車税(新規登録翌年度分):概ね75%減税】

【エコカー減税適用要件の基準】
「平成17年排ガス規制75%低減(☆☆☆☆)」「平成32年度燃費基準+20%超過」

【グリーン化特例適用要件の基準】
「平成17年排ガス規制75%低減(☆☆☆☆)」「平成27年度燃費基準+20%超過」「平成32年度燃費基準達成」

低排出ガス車平成17年排ガス 規制75%低減 平成32年度燃費基準達成車+20%平成27年度燃費基準+20%達成車
Pocket


車売るなら自動車税分を買取価格に含むガリバー等の買取店へ

車を探すなら「ズバット車販売」、車を売るなら「ズバット車買取比較」!

ズバット車買取比較

車を売るなら一括査定がおススメ!

『下取り』よりも『買取り』のほうが、平均で16万円も高く売れた!と評判の利用者の7割が5万円以上の査定額差を体験した車買取一括査定を、ぜひご利用ください。

高年式の中古車を探すという選択!

ズバット車販売なら非公開車両60万台以上から希望の車が見つかる!