エコカー減税車のNBOXに乗り換えてみて | 車の税金|車の税金表と税金の種類を知っておこう






エコカー減税車のNBOXに乗り換えてみて

エコカー減税車のNBOXに乗り換えてみて

SUZUKIのワゴンRに乗っていたのですが、前回の車検で軽自動車なのに15万円も取られてしまい、次の車検にはエコカー減税車に乗り換えようと決めていました。

そんな私がHONDAのNBOXに一目惚れしてディーラーに何回も足を運んで試乗しました。

jinbutu27

エコカー減税とCMで度々耳にして「エコカー減税車に乗り換えよう」と決めていましたが、じつはエコカー減税車の内容まで詳しく分かりませんでした。

それでも減税というだけあって、車に掛かる税金が抑えられることは分かっていました。

それでディーラーで詳しく聞いて分かったのは、車を買えばそれで終わりではなく、後から掛かるその他諸々の税金がある程度免除になりますということ。

例えば私が買ったHONDAのNBOXは車を買う時に所得税が60%減税、重量税が50%の減税になります。

半額以上税金が免除になると考えればかなりお得感はあります。

じつはHONDAのNBOXに一目惚れしてあまり減税のことは深く考えておらず、軽自動車なのに広い内装が益々気に入ったのでNBOXに決めました。

HONDAのNBOXの専用ページを見ると分かりますが「子育て中のお母さんが選んだ軽自動車No.1」とあります。

広々した空間なので、遠出した時もオムツ交換台を探さなくても車を停めて車の中でオムツ交換が出来る広さです。

燃費も20km以上とかなり良いので、ガソリン高騰が騒がれていますが気にするほどではありません。

広く、燃費も良い上、減税対象車となれば子育てママにNBOXをオススメしたいと思います。

小回りがききますし、何より賢く節約出来るからです。

今乗っている車を手離すことを考えているなら是非エコカー減税車に乗り換えるべきです。

※2015年6月に頂いたエコカー購入体験談です。

【コメント】

車検時に予想以上にかかって次は車検を受けずに乗換を決めるというのは分かります。

車検は最近は安く済むようになってきたとはいえ、回数を重ねると交換しなければならない部分が多くなり、どうしても金額も高くなってしまいます。

だったら思い切って新車に・・・はい、このコメントを書かせていただいている私も経験があります。。。

しかもエコカー減税対象車なら税金も・・・ですね。

体験談を読ませていただき多少「おや?」という所もあるような気がしますが、子育てママに「オムツ交換台を探さなくても車を停めて車の中でオムツ交換が出来る広さ」のエコカー減税対象車をおススメなのは大賛成です。

nbox

特にホンダのN BOXを含めてNシリーズは大人気ですからね。

試乗もディーラーに行けば出来ますし、室内の広さを確かめるとさらに良いと思います。

それと「後から掛かるその他諸々の税金がある程度免除になりますということ。」というのは、購入時の自動車重量税が免税の車の最初の車検時の事と自動車税や軽自動車税のグリーン化税制による特例の事ですね。

購入時の自動車重量税が免税の車の最初の車検時の自動車重量税も免税になるという部分ですね。

それとグリーン化税制による特例ですが、ひっくるめてエコカー減税と説明している所もありますが、また別の制度になります。

※平成27年度税制改正では軽自動車もこのグリーン化特例の対象車は新車の新規登録翌年度の軽自動車税の減税が受けられるようになりました。

【参考】N-BOXのエコカー減税による減税額と納付額(重量税・取得税・軽自動車税)

N-BOXの重量税・取得税・軽自動車税

「2014マザーズセレクション大賞」受賞!N-BOXのエコカー減税による減税額と納付額(重量税・取得税・軽自動車税) ホンダの人気の軽自動車「N-BOX(エヌ ボックス)」の平成27年度税制改正による新エコカー減税(自動車重量税・自動車取得税)やグリーン化特例(軽自動車税)による減税額と実際の税額を表にしてご紹介しています。[…]

Pocket


車売るなら自動車税分を買取価格に含むガリバー等の買取店へ

車を探すなら「ズバット車販売」、車を売るなら「ズバット車買取比較」!

ズバット車買取比較

車を売るなら一括査定がおススメ!

『下取り』よりも『買取り』のほうが、平均で16万円も高く売れた!と評判の利用者の7割が5万円以上の査定額差を体験した車買取一括査定を、ぜひご利用ください。

高年式の中古車を探すという選択!

ズバット車販売なら非公開車両60万台以上から希望の車が見つかる!