新型シエンタや新型ノートなどエコカー減税対象車やグリーン化特例減税対象車に復活のモデルが増えてきた | 車の税金|車の税金表と税金の種類を知っておこう






新型シエンタや新型ノートなどエコカー減税対象車やグリーン化特例減税対象車に復活のモデルが増えてきた

新型シエンタや新型ノートなどエコカー減税対象車やグリーン化特例減税対象車に復活のモデルが増えてきた

各自動車メーカの自動車の発売情報で新発売や一部改良などの情報を基にエコカー減税対象車やグリーン化特例減税対象車を調べていて気が付いた事が。

平成32年度燃費基準+20%達成車

平成27年度税制改正での車体課税の見直しにより、エコカー減税の特例措置の新基準の燃費性能に該当しなくなってエコカー減税対象から外れたり、減税率がかなり少なくなったり、重量税のみ本則税率の経過措置だけになったしまったり、グリーン化特例の減税対象車から外れた車種が意外と多くありました。

中には「え、あの車が?」なんていう車もあったりして驚いたものでした。

ところが最近少しづつですが一旦エコカー減税対象車から外れた車がマイナーチェンジやフルモデルチェンジで再びエコカー減税対象車やグリーン化特例減税対象車に復活してきていますね。

一番最近の例では、トヨタ自動車の新型シエンタがそうですね。

新型シエンタはハイブリッドシステムを新たに搭載した「シエンタ HYBRID G/X」は、エコカー減税で【自動車重量税:免税】【自動車取得税:非課税】、グリーン化特例【自動車税:概ね75%減税】となりましたね。

ハイブリッドモデル以外にガソリン車(2WD車)は1.5L新エンジンを搭載した事により燃費性能を向上させてエコカー減税で【自動車重量税:50%減税】【自動車取得税:60%減税】、グリーン化特例【自動車税:概ね75%減税又は50%減税】となりました。

もともとがスライドドア採用のコンパクトカーとして人気のあったシエンタだけに購入時のエコカー減税は気になってる方も多いようですからね。

新型シエンタの重量税・取得税・自動車税

シエンタのエコカー減税、グリーン化特例による減税額と納付額(重量税・取得税・自動車税) トヨタ自動車のスライドドアで人気の最小ミニバン「シエンタ(SIENTA)」の平成27年度税制改正による新エコカー減税額(自動車重量税 […]


日産自動車では新型ノートがそうですね。

日産自動車の新型ノートの場合は、ハイブリッドシステムではなく、「エコ スーパーチャージャー」や「アイドリングストップ」を搭載する事によってエコカー減税対象車やグリーン化特例減税対象車に復活しています。

特に「エコ スーパーチャージャー(DIG-S)」モデルや一部「アイドリングストップ」搭載モデルはエコカー減税で【自動車重量税:免税】【自動車取得税:非課税】、グリーン化特例【自動車税:概ね75%減税】となりました。

他に2WD車の「アイドリングストップ」搭載モデルもエコカー減税対象車やグリーン化特例減税対象車に復活していますから、人気のノートだけに購入時の嬉しい味方になりますね。

新型ノートの重量税・取得税・自動車税

新型ノートのエコカー減税、グリーン化特例による減税額と納付額(重量税・取得税・自動車税) 日産自動車の人気のコンパクトカー「ノート(NOTE)」の平成27年度税制改正による新エコカー減税額(自動車重量税・自動車取得税)やグリ […]


軽自動車でもスズキの独自のハイブリッドシステムの「S-エネチャージ」を搭載したワゴンRやスペーシア、ハスラー、その姉妹車のフレアワゴンやフレアクロスオーバー、フレアなども、「S-エネチャージ」を搭載したことによりエコカー減税で免税・非課税に復活しています。

スペーシアの重量税・取得税・軽自動車税

スペーシアのエコカー減税による減税額と納付額(重量税・取得税・軽自動車税) スズキの人気の軽自動車「スペーシア(Spacia)」と「スペーシア(Spacia)車いす移動車」の平成27年度税制改正による新エコカー減税(自動 […]


まだまだ、他にもエコカー減税対象車やグリーン化特例減税対象車に復活している車はありますし、今後も増えて来るでしょうね。

ハイブリッドシステムを採用したり新型エンジンやミッション等の改良などにより実現してくると思いますが、楽しみですね。


今後は新たにハイブリッドモデルもさらに増えて来ると思いますが、マツダのCX-3やCX-5に代表されるようなクリーンディーゼルエンジンの技術も提携によりトヨタ自動車でもクリーンディーゼルエンジン採用によりエコカー減税対象車やグリーン化特例減税対象車になってくるモデルも増えて来そうですから、それも楽しみですね。

Pocket


車売るなら自動車税分を買取価格に含むガリバー等の買取店へ

車を探すなら「ズバット車販売」、車を売るなら「ズバット車買取比較」!

ズバット車買取比較

車を売るなら一括査定がおススメ!

『下取り』よりも『買取り』のほうが、平均で16万円も高く売れた!と評判の利用者の7割が5万円以上の査定額差を体験した車買取一括査定を、ぜひご利用ください。

高年式の中古車を探すという選択!

ズバット車販売なら非公開車両60万台以上から希望の車が見つかる!