エコカー減税は2017年(平成29年)度から新燃費基準もありどうなるのか | 車の税金|車の税金表と税金の種類を知っておこう






エコカー減税は2017年(平成29年)度から新燃費基準もありどうなるのか

エコカー減税は2017年度(平成29年度)税制改正と新燃費基準でどうなるのか

エコカー減税は2017年度からどうなるの?という事を聞かれますが、これは「2017年度(平成29年度)税制改正」によって決定されてそれによって決まります。

当サイトの「車の税金の税制改正情報」でもご紹介しているように、エコカー減税に関係する「車体課税」については、国土交通省自動車局、経済産業省、環境省がそれぞれ「平成29年度税制改正に関する要望」として提出していますが、ここにきて「乗用車の排出ガス・燃費試験法に国際基準(WLTP)の導入が2016年10月31日公布・施行」という報道発表が同日に国土交通省と経済産業省同時に行われていました。

さらに、エコカー減税対象車が新車の約90%にもなるため、税収のために財務省や総務省は5割程度に減らしたい経済産業省や自動車業界が新車の8割強はエコカー減税対象車を維持したいといったニュースも出てきています。

エコカー減税、2017年度と2018年度について平成29年度税制改正要望結果により決定しました!

本来は消費税率10%へ引き上げにより、エコカー減税は2017年度(平成29年度)では自動車取得税自体が廃止されるという事で、その代わりに環境性能による新税と減税が導入されるなど大きく変わるはずでした。

ところが消費税率引き上げが延期されたことで「消費税率引上げ時期の変更に伴う税制上の措置として、自動車取得税の廃止時期並びに自動車税及び軽自動車税における環境性能割の導入時期をそれぞれ平成31年10月1日に延期する。」となったことで、2017年度(平成29年度)エコカー減税は、各省庁の要望もあり現行のまま延長される流れとなっています。

(2)自動車重量税のエコカー減税、自動車取得税のエコカー減税及び各種特例措置並びに自動車税及び軽自動車税のグリーン化特例について、延長するとともに、簡素化、自動車ユーザーの負担の軽減、グリーン化等を図る。

しかし、エコカー減税対象車を現在の新車の約90%から5割または8割へとなるようにするには、エコカー減税の要件を変更するしかありません。

そこで、実際の燃費値とかけ離れているといわれている日本独自の試験法(JC08モード法)から、実際の燃費に近いとされる国際基準のWLTPを適用するというのも大きくかかわってきそうです。


現行の排出ガス規制及び燃費規制において、現行規定されている日本独自の試験法(JC08モード法)に加え、WLTPを適用できることとし、走行抵抗値の測定法における統計的手法のJC08モード法への導入は今年度中に予定。

乗用車の排出ガス・燃費試験法に国際基準(WLTP)の導入が2016年10月31日公布・施行されましたがWLTPの導入の中でポイントは以下のようになっています。

■WLTPに関する試験法及び規制値を新たに規定
■既存のJC08モードによる試験法及び規制値に替えて、WLTPによる試験法及び規制値を適用することを可能とする。
■走行抵抗値の測定法における統計的手法のJC08モード法への導入

JC08モード参考図2WLTP参考画像2

このことからエコカー減税は2017年度(平成29年度)からは、要件として「WLTPによる規制値・燃費値」が盛り込まれて、エコカー減税対象車の要件は厳しくなり、エコカー減税対象車は一時的に減ると思われます。

平成27年度燃費基準達成車 平成27年度燃費基準+10%達成車 平成32年度燃費基準達成車 平成32年度燃費基準+20%達成車

どのような形での要件になるかわ現在分かっていませんが、かつて燃費値として「10・15モード」から現在の「JC08モード」へと切り替わるときに二つの燃費値が混在している時がありまして。

2017年度(平成29年度)からは現在の「JC08モード」と「WLTP」が混在していくのか現在のところ定かではありませんが、エコカー減税は2017年度(平成29年度)からはエコカー減税対象車の割合が減るように要件が厳しくなるとみられています。

エコカー減税概要

上記の図が現行のエコカー減税の要件と特例内容の概要図ですが、今後は大きく変わってきそうです。

エコカー減税対象車も自動車各メーカーが環境性能の向上をどのようにしていくかで大きく変わってきそうですね。

もちろん、当面は次世代自動車とされる電気自動車や燃料電池車、それにプラグインハイブリッド自動車にクリーンディーゼル乗用車などのエコカー減税は2017年度(平成29年度)も現在と同じと思われますが、一部のハイブリッド車はガソリンエンジン車はエコカー減税対象車から外れる車種も出てきそうです。


出典:国土交通省ホームページ:報道発表資料 別紙(http://www.mlit.go.jp/common/001150674.pdf)

出典:国土交通省ホームページ:JC08モード・WLTP画像を加工(http://www.mlit.go.jp/common/001124596.pdf)

出典:国土交通省ホームページ:燃費基準達成車ステッカー画像を加工(http://www.mlit.go.jp/common/000208143.pdf)

出典:国土交通省ホームページ:エコカー減税の画像を加工(http://www.mlit.go.jp/common/001084656.pdf)

Pocket


車売るなら自動車税分を買取価格に含むガリバー等の買取店へ

車を探すなら「ズバット車販売」、車を売るなら「ズバット車買取比較」!

ズバット車買取比較

車を売るなら一括査定がおススメ!

『下取り』よりも『買取り』のほうが、平均で16万円も高く売れた!と評判の利用者の7割が5万円以上の査定額差を体験した車買取一括査定を、ぜひご利用ください。

高年式の中古車を探すという選択!

ズバット車販売なら非公開車両60万台以上から希望の車が見つかる!