特定改造自動車減免措置対象車の確認手順(中古車新規等)と減免の受け方はこうなってます | 車の税金|車の税金表と税金の種類を知っておこう






特定改造自動車減免措置対象車の確認手順(中古車新規等)と減免の受け方はこうなってます

特定改造自動車の減免措置対象車の確認手順(中古車新規等)と減免の受け方はこうなってます

中古車として購入する場合の特定改造自動車の減免措置、つまり特例措置であるエコカー減税(自動車重量税・自動車取得税)、グリーン化特例についてどうなっているのかを確認する方法と減免の受け方です。

中古車を登録する時に自動車重量税、または場合によっては自動車取得税や自動車税を納付しますが、エコカー減税、グリーン化特例の要件を満たした場合に減免の対象となるからです。

そもそも「特定改造自動車」ってどんな自動車?

【特定改造自動車】型式指定自動車をベースとした改造自動車で、自動車製作者等の申請により、国土交通大臣が「特定改造自動車のエネルギー消費効率相当値の算定実施要領」に基づいてエネルギー消費効率相当値を算定し、燃費基準達成レベルを自動車検査証に記載した自動車です。

出典:国土交通省ホームページ(http://www.mlit.go.jp/jidosha/jidosha_tk10_000027.html)

特定改造自動車についても、エコカー減税の要件を満たした場合に減免の対象となりますから、エコカー減税減免対象車であるかを確認する手順と減免の受け方を国土交通省ホームページの説明図を基に表示しやすいようにした図をご紹介します。

特定改造自動車の減免措置対象車の確認手順(中古車新規等)と減免の受け方

特定改造自動車減免措置対象車の確認手順(中古車新規等)

特定改造自動車減免措置対象車の確認手順(継続)(国土交通省)http://www.mlit.go.jp/jidosha/tokuteichukoを加工して作成

特定改造自動車の減免措置対象車の確認手順(中古車新規等)と減免の受け方はこうなってます

上記の図で分かり易いと思いますが、テキストでも順を追って紹介して行きます。

初度登録(検査)年が平成15年10月以降か?
YES(平成15年10月以降) NO(平成15年9月以前)
次へ↓ 対象外
車検証で確認、3条件を満たしているか?(※1)
YES(3条件を満たしている) NO
次へ↓ 対象外
車検証備考欄に基本車の類別区分番号の記載があるか?
YES NO
次へ↓ 取扱いディーラー(販売店等)に車両の基本車の類別区分番号を
確認して類別区分番号が判明したら【次へ↓】
特定改造自動車減免措置対象車一覧表で確認
当該車両の通称名、車両型式及び類別区分番号が一覧表標準車と一致し、車検証の全幅、全高、車両重量が一覧表改造車諸元の範囲内となる改造か?
YES NO
次へ↓ 対象外
【減免の受け方】取扱いディーラーから算定燃費値取得済証の交付を受け、受検の際に提出して下さい。
検査の結果、車両重量、幅及び高さが一定の範囲に収まっているなどの条件に合う場合は、減免対象となります。
注:自動車検査証備考欄に[型 式・類別]9XXXX・0XXX(算定燃費取得済特定改造自動車)と記載がある場合は、算定燃費値取得済証の提出は不要です。

(※1)
【条件1】自動車排出ガス規制識別記号が3桁である
【条件2】原動機、動力伝達装置、燃料装置、走行装置に、型式に「改」が付記される改造がない
【条件3】基本車に対し、原動機、一酸化発散防止装置、燃料装置に排出ガス試験成績表提示が必要な変更がない。また、動力伝達装置の種類に変更がない。

上記のようにして車検(継続検査)の時に必要な自動車重量税を一覧表から確認することが出来ますし、エコカー減税、グリーン化特例の要件を満たした場合に減免の対象となります。

ただし、注であるように自動車検査証備考欄に[型 式・類別]9XXXX・0XXX(算定燃費取得済特定改造自動車)と記載がある場合は、ナンバーの交付を受けるための中古車新規登録検査の際には算定燃費値取得済証の提出は不要です。

車検(継続検査)の時の特定改造自動車の減免措置対象車の確認手順については以下でご紹介しています。

特定改造自動車減免措置対象車の確認手順(継続検査)はこうなってます

特定改造自動車の減免措置対象車の確認手順(継続検査)はこうなってます 特定改造自動車の減免措置、つまり特例措置であるエコカー減税(自動車重量税・自動車取得税)についてどうなっているのかを車検(継続検査)の時にはどうなのか […]

Pocket


車売るなら自動車税分を買取価格に含むガリバー等の買取店へ

車を探すなら「ズバット車販売」、車を売るなら「ズバット車買取比較」!

ズバット車買取比較

車を売るなら一括査定がおススメ!

『下取り』よりも『買取り』のほうが、平均で16万円も高く売れた!と評判の利用者の7割が5万円以上の査定額差を体験した車買取一括査定を、ぜひご利用ください。

高年式の中古車を探すという選択!

ズバット車販売なら非公開車両60万台以上から希望の車が見つかる!