Cクラス クーペ、カブリオレの重量税・取得税・自動車税 | 車の税金|車の税金表と税金の種類を知っておこう






Cクラス クーペ、カブリオレの重量税・取得税・自動車税

ベンツ 新型Cクラスクーペ、カブリオレのエコカー減税による減税額と納付額(重量税・取得税・自動車税)

メルセデス・ベンツCクラス クーペ(C-Class Coupé)、カブリオレ(Cabriolet)平成29年度税制改正による新エコカー減税(自動車重量税・自動車取得税)やグリーン化特例(自動車税)による減税対象車の減税額と実際の納付額を表にしてご紹介しています。

ベンツのCクラス クーペは平成27年度税制改正によりエコカー減税対象外となりましたが、新型Cクラス クーペになりエコカー減税対象車に復活しました!

そして、Cクラス初のオープンモデル“カブリオレ” が2016年9月28日に発売されました!

【更新:2017/2/17】2月1日のCクラスクーペに「C 180 クーペ」を追加、および「Cクラス クーペ」の装備を一部変更するとともにメーカー希望小売価格の改定による更新を行いました。

新型Cクラスクーペは、Cクラスの全く新しいモデルとして生まれ変わり、「アルミニウムハイブリッドボディのAピラーより後方を2ドアクーペ用に専用設計」されたモデルです。

「Sクラスクーペ」の流れを汲む最新のメルセデスクーペの一員として生まれ変わった新型Cクラスクーペは注目ですね。

ただ、エコカー減税的には減税率が高くはないのは残念ですが、エコカー減税対象車に復活しただけでも嬉しいですね。

【更新:2017/5/9】平成29年度税制改正による新エコカー減税(自動車重量税・自動車取得税)やグリーン化特例(自動車税)に更新しました。

最短30秒で入力完了!《ズバット車買取比較》最大10社無料一括査定

車売るなら自動車税分を買取価格に含むガリバー等の買取店へ


メルセデス・ベンツCクラス クーペの重量税・取得税・自動車税

エコカー減税【自動車重量税:25%減税】【自動車取得税:20%減税】

対象グレード メーカー
希望小売価格
(消費税込み)
自動車重量税 自動車取得税 自動車税
(登録翌年度)
グレード名/駆動 減税額 納付額 減税額 納付額 減税 納付額
C 180 Coupé
(2WD)9AT
4,990,000円 7,500
22,500
約24,900
約99,800
約39,500
エコカー減税合計 約 32,400 円
C 180 Coupé
レーダーセーフティ
パッケージ装着車
(2WD)9AT
5,189,000円 7,500
22,500
約25,900
約103,800
約39,500
エコカー減税合計 約 33,400 円
C 180 Coupé
ベーシック
パッケージ装着車
(2WD)9AT
5,240,000円 7,500
22,500
約26,200
約104,800
約39,500
エコカー減税合計 約 33,700 円
C 180 Coupé Sports
(2WD)9AT
5,630,000円 7,500
22,500
約28,100
約112,600
約39,500
エコカー減税合計 約 35,600 円
C 180 Coupé Sports
スポーツプラス
パッケージ装着車
(2WD)9AT
6,180,000円 7,500
22,500
約30,900
約123,600
約39,500
エコカー減税合計 約 38,400 円

エコカー減税対象外となる自動車に対して経過的措置【自動車重量税:本則税率】

対象グレード メーカー
希望小売価格
(消費税込み)
自動車重量税 自動車取得税 自動車税
(登録翌年度)
グレード名/駆動 減税額 納付額 減税額 納付額 減税 納付額
C 300 Coupé Sports
(2WD)9AT
7,080,000円 本則税率 30,000
約177,000
約39,500
C 300 Coupé Sports
パノラミック
スライディングルーフ
装着車(2WD)9AT
7,294,000円 本則税率 30,000
約182,300
約39,500

※「C 300 Coupé Sports」は受注生産モデルです。

乗用車を新規登録する時は、下記の表にある月割りでの自動車税を納付します。

【乗用車を新規登録する時の自動車税の月割り税額表(自家用)】(月割税額)

総排気量
1.5リットル超~
2リットル以下
の年税額
39,500円
新規登録月 4月 5月 6月 7月 8月 9月
月割税額 36,200円 32,900円 29,600円 26,300円 23,000円 19,700円
新規登録月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
月割税額 16,400円 13,100円 9,800円 6,500円 3,200円 0円

メルセデス・ベンツCクラス カブリオレの重量税・取得税・自動車税

エコカー減税【自動車重量税:25%減税】【自動車取得税:20%減税】

対象グレード メーカー
希望小売価格
(消費税込み)
自動車重量税 自動車取得税 自動車税
(登録翌年度)
グレード名/駆動 減税額 納付額 減税額 納付額 減税 納付額
C 180 Cabriolet Sports
(2WD)9AT
6,060,000円 7,500
22,500
約30,300
約121,200
約39,500
エコカー減税合計 約 37,800 円
C 180 Cabriolet Sports
レザーエクスクルーシブ
パッケージ装着車
(2WD)9AT
6,460,000円 7,500
22,500
約32,300
約129,200
約39,500
エコカー減税合計 約 39,800 円
C 300 Cabriolet Sports
(2WD)9AT
※受注生産
7,680,000円 7,500
22,500
約38,400
約153,600
約39,500
エコカー減税合計 約 45,900 円

乗用車を新規登録する時は、下記の表にある月割りでの自動車税を納付します。

【乗用車を新規登録する時の自動車税の月割り税額表(自家用)】(月割税額)

総排気量
1.5リットル超~
2リットル以下
の年税額
39,500円
新規登録月 4月 5月 6月 7月 8月 9月
月割税額 36,200円 32,900円 29,600円 26,300円 23,000円 19,700円
新規登録月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
月割税額 16,400円 13,100円 9,800円 6,500円 3,200円 0円

メルセデス・ベンツの新型Cクラス クーペとカブリオレのエコカー減税(自動車重量税・自動車取得税)による減税額と自動車税を含む実際の納付額を表にしてご紹介しています。

【更新:2017/5/9】平成29年度税制改正による新エコカー減税(自動車重量税・自動車取得税)に更新しました。

車売るなら自動車税分を買取価格に含むガリバー等の買取店へ

外国産の車を売るなら「ズバット車買取比較」で一括査定で高く売ろう!

車を売るなら下取りより買取り!

車を売るなら自動車税分を含んだ納得の査定価格で売りましょう!

車を売るなら一括査定がおススメ!

『下取り』よりも『買取り』のほうが、平均で16万円も高く売れた!と評判の利用者の7割が5万円以上の査定額差を体験した車買取一括査定を、ぜひご利用ください。

ズバット車買取比較

【更新:2017/2/17】2月1日のCクラスクーペに「C 180 クーペ」を追加、および「Cクラス クーペ」の装備を一部変更※するとともにメーカー希望小売価格の改定による更新を行いました。

※C 180 クーペスポーツの装備を見直し、オートマティックベルトフィーダーを標準装備、C 180 クーペとC 180 クーペスポーツぼトランスミッションを、従来の7速からメルセデス最新の9速オートマティックトランスミッション「9G-TRONIC(ナインジート ロニック)」に変更等

ベンツのCクラス クーペは平成27年度税制改正によりエコカー減税対象外となりましたが、生まれ変わった新型Cクラス クーペはエコカー減税対象車に復活しました!

最新のメルセデスのデザイン哲学は「モダンラグジュアリー」との事で、それを体現したフラッグシップモデルが「Sクラスクーペ」です。

3月14日発売の新型Cクラスクーペは、Cクラスの全く新しいモデルとして生まれ変わり、その「Sクラスクーペ」の流れを汲む最新のメルセデスクーペの一員として生まれ変わりました。

新型Cクラスクーペの一番の変更点は、「アルミニウムハイブリッドボディのAピラーより後方を2ドアクーペ用に専用設計」です。

ちなみにC 180 Coupéのエンジンは旧型の1,795CCのDOHC 直列4気筒ターボチャージャー付エンジンで、ミッションが電子制御7速A/Tから新型では「最高出力156PS/115kW、最大トルク250Nm」を発揮する1.6リッター直列4気筒BlueDIRECTターボエンジンに、7速オートマティックトランスミッシン「7Gセブンジー--TRONICトロニックPLUSプラス」という組み合わせになりました。

また安全性能の面では、標準装備の「レーダーセーフティパッケージ」をはじめとする安全運転支援システムなど、安全性と快適性を高次元で融合させた「インテリジェントドライブ」によりドライバーの疲れを最小限に抑える快適性が安全なドライブに貢献する多くの装備を備えています。

ちなみに、「アクティブパーキングアシスト」という自動操舵・ブレーキ機能により縦列駐車と車庫入れをアシストする装備も標準装備です。

そして、「Cクラス カブリオレ」 が2016年9月28日に発売されました!

  • Cクラス初のオープンモデル“カブリオレ”
  • オープン時もクローズ時でもスタイリッシュで美しいエクステリア
  • 高い安全性を備え、軽量かつ高剛性な「アルミニウムハイブリッドボディシェル」
  • 安全性と快適性を高次元で融合させた「レーダーセーフティパッケージ」

エコカー減税対象グレードは「C 180 カブリオレスポーツ」「C 300 カブリオレスポーツ(受注生産)」ですが、カブリオレ専用に開発された快適装備などかなり気になる内容になっていますね。

そして!「新型Cクラスクーペおよびカブリオレ」にも、「メルセデス・ケア」が適用されるのは嬉しいですね。

【メルセデス・ケア】
新車購入から3年間走行距離無制限の一般保証・メンテナンスサービスと24時間ツーリングサポートを無償提供する総合保証プログラム

メルセデス・ベンツ(http://www.mercedes-benz.co.jp/)

※メーカー希望小売価格等の情報は公式サイトの情報をから引用していますが、価格変更などの更新が間に合わない場合がありますので、正確なメーカー希望小売価格といった情報は必ずメーカー公式サイト・販売店等でご確認をお願い致します。

※また、減税額や実際の支払額などは減税額から独自に計算しているため「約○○○円」としていますが、正確な減税額や実際の税額はメーカーの販売店にておたずねください。

【自動車重量税:25%減税】【自動車取得税:20%減税】

【適用要件の基準】「平成17年排ガス規制75%低減(☆☆☆☆)」「平成27年度燃費基準+10%超過」

低排出ガス車平成17年排ガス 規制75%低減 平成27年度燃費基準+10%達成車

経過的措置【自動車重量税:本則税率】

【適用要件の基準】「平成17年排ガス規制75%低減(☆☆☆☆)」「平成27年度燃費基準+5%超過」

低排出ガス車平成17年排ガス 規制75%低減 平成27年度燃費基準+5%達成車

※乗用車・軽量車について、平成17年度排出ガス規制75%低減を達成(☆☆☆☆)しているもののうち、平成27年度燃費基準の達成状況が5%以上10%未満のものは、平成29年度税制改正によりエコカー減税対象外となりましたが、これらの自動車に対する自動車重量税には、税率が本則税率となる経過的措置が設けられています。

減税率は車重や燃費・環境性能で変わる為、減税対象車でもグレードやメーカーオプション等の装着により減税額が異なったり、場合によっては対象外となる事があります。

メルセデス・ベンツの新車の購入・新規登録時の「環境対応車普及促進税制(エコカー減税)」と「グリーン税制(グリーン化特例)」による減税対象車をご紹介しています。

■自動車取得税の減税は、2017年4月1日~2018年3月31日新車登録・届出まで減税措置が受けられます。

■自動車重量税の減税は、2017年5月1日~2018年4月30日新車登録・届出まで減税措置が受けられます。

【車検時の自動車重量税について】
新規登録後の初回継続検査(2回目車検)以降の車検を受ける時点において適用されているエコカー減税の要件を満たしていれる自動車の重量税は「本則税率」となります。
※要件を満たしていない場合は、 自動車重量税の税額表の「エコカー以外」欄の税額となります。

【注意】
■■平成26年4月1日から平成29年4月30日までの間に新車新規登録等時に免税を受けた自動車については、初回継続検査時に納付すべき税額が「免税」となります。
■平成29年5月1日から平成31年4月30日までの間に新車新規登録等時に免税を受けた自動車については、初回継続検査時に納付すべき税額が「免税」の場合と、燃費基準によって「本則税率」の場合があります。


出典:国土交通省ホームページ:
(http://www.mlit.go.jp/common/000208143.pdf)の燃費基準達成車ステッカー画像を加工
(http://www.mlit.go.jp/jidosha/lowgas/youryou/lowgas2.htm)の低排出ガス車認定ステッカー画像を加工

Pocket


車売るなら自動車税分を買取価格に含むガリバー等の買取店へ

「ズバット車買取比較」《車買取》最大10社無料一括査定

車を売るなら一括査定がおススメ!

『下取り』よりも『買取り』のほうが、平均で16万円も高く売れた!と評判の利用者の7割が5万円以上の査定額差を体験した車買取一括査定を、ぜひご利用ください。